収益or集客に繋がる”EV(電気自動車)用急速充電器の導入マニュアル|charger master » EV(電気自動車)用急速充電器の運用までお任せできる会社一覧

EV(電気自動車)用急速充電器の運用までお任せできる会社一覧

EV車用の急速充電器を設置する場合は、充電器の購入や施工だけでなく、運用を円滑に行っていくための保守やメンテナンスも欠かせません。そこで、急速充電器の設置から運用まで全てをお任せできるおすすめの会社を紹介します。

e-Mobility Power

東京都港区に本社を構え、日本全国に対応。EV導入時の充電運用コンサルティングサービスから設置工事、運用までをトータルサポートしています。

いつでもどこでも誰もが使えるリーズナブルな充電サービスを企業方針に掲げ、次世代のモビリティ社会を支えるための新しいサービスを提案。設置した充電器は共通プラットフォームで管理されているため、簡易な不具合であれば、遠隔から操作するだけで復旧することが可能です。

EV(電気自動車)用急速充電器の
運用までできる
e-Mobility Powerの特徴をみる

GREEN CHARGE

静岡県浜松市を拠点に、商業施設や公共施設向けの急速充電サービスを展開しています。充電器を利用するための会員制度を撤廃し、EVユーザーが気軽に利用できる急速充電システムを確立。急速充電器を設置することで、事業者は収益が得られるような仕組みになっています。

契約プランによっては、導入の検討から設置、設置後の収益のチェック等の運営まで全て代行してもらうことが可能。運営の手間などがかからないため、導入リスクを最小限にすることができます。

EV(電気自動車)用急速充電器の
運用までできる
GREEN CHARGEの特徴をみる

ENEOS

全国にネットワークを持ち、世界でもトップクラスの大手石油販売会社。2022年11月から「ENEOS Charge Plus」というEV充電サービス事業を開始しています。充電を利用する場合は会員登録をすれば、基本料金0円で使用することが可能。充電した分だけ支払う料金システムとなっています。

提供している急速充電器は、多彩な決済方法に対応しているENEOSオリジナル製品。導入時には補助金申請の補助から施工店の紹介、設置後のメンテナンスまでサポートしています。

EV(電気自動車)用急速充電器の
運用までできる
ENEOSの特徴をみる

テンフィールズファクトリー

唯一無二のサービスを提供するため、多数の分野でいくつもの事業を展開。京都に本社があり、東京や大阪など国内外に支店があります。EV充電器事業は、幅広いニーズに対応するため、オリジナル製品から他社メーカーまで豊富な商品ラインナップを取り揃えています。

数ある商品の中から、設置場所や目的に合わせて適した充電器を選定し提案。全て自社で施工しているので、設置料金も導入コストを考慮した安心価格を実現しています。

EV(電気自動車)用急速充電器の
運用までできる
テンフィールズファクトリーの
特徴をみる

DMM.com

4,000万人を超える会員数をほこる合同会社DMM.com。3種類の充電器と目的別の4つの導入先に合わせたプランを用意しています。近隣にEV設備がない、EV設備の導入が初めてなので初期費用を抑えたいといった方に適した0円プランも選べます。

提携先の企業が現地調査・設置工事・補助金申請を行うため、面倒な手続きはすべてお任せ。検討中の方は無料相談も利用できます。今後はDMM会員向けのサービスも提供予定となっています。

EV(電気自動車)用急速充電器の
運用までできる
DMM.comの
特徴をみる

朝日エティック

朝日エティックは創業69年以上にわたりものづくりに携わってきた会社です。大阪を拠点に日本全国、海外に事業所やグループ会社を構え、同品質の施工対応が可能。急速充電器の設置についても、提案から施工後の維持管理までに対応しています。メーカーの縛りなく、幅広い種類から設置場所やニーズに適した急速充電器が選べます。急速充電器の普及を見据えた対応を心掛けており、店舗や工場、レジャー施設などニーズに合わせて選定・導入することができます。

EV(電気自動車)用急速充電器の
運用までできる
朝日エティックの
特徴をみる

Eneliver

オリジナルの急速充電器や施設管理者に欠かせないクラウド型EV充電管理システム、スマホアプリを提供しているEneliver。充電器は外観に馴染むスタイリッシュなデザインが特徴です。提供しているサービスは、充電器や施工業者の選定、設置・施工補助金申請、ユーザー向け課金アプリの提供、カスタマーサポート、運用サポート、集客・マーケティングサポートなど多岐に渡りますが、欲しいサービスだけカスタマイズすることも可能となっています。

EV(電気自動車)用急速充電器の
運用までできる
Eneliverの
特徴をみる

REXEV

エネルギーマネジメントシステムや車両管理と連動することで、充電情報などをリアルタイムで把握できる「スマート充電器」を提供。契約電力を超えないように充電を制御したり、料金の安い時間帯に合わせて充電したりして、負担をかけず電気料金を削減できるのが特徴です。また、お得に導入できるプランから、産業用機器への放電が可能なタイプまでそろっているため、幅広い目的を持った方が利用できるでしょう。

EV(電気自動車)用急速充電器の
運用までできる
REXEVの
特徴をみる

ユアスタンド

電気自動車の充電スタンド導入において、経験と実績を兼ね備える企業です。ユアスタンドが取り扱うPULSAR PLUSスマート充電器は、太陽光発電と家庭用電源を組み合わせた充電オプションを提供し、エネルギー効率と環境配慮を両立。Power Boost機能により、家庭の電力使用状況に合わせて充電量を調整し、効率的かつ経済的な充電を実現します。同社は、このような革新的な充電技術と合わせ、提案から運用まで全面的なサポートを提供しています。

EV(電気自動車)用急速充電器の
運用までできる
ユアスタンドの
特徴をみる

Ennet

東京ガスなどの出資を受けている新電力会社です。EV用急速充電器の設置、制御システムの運用、アフターサポートがセットになったEVスマート充電サービス「EnneEV®(エネーブ)」を提供しています。同サービスの特徴は、電力使用パターンを解析して、クライアントに合っている充電パターンを導き出すことです。契約電力を維持しつつ、電気料金の上昇抑制を目指せます。EV用急速充電器の設置などに手間がかからない点も魅力です。

EV(電気自動車)用急速充電器の
運用までできる
Ennetの
特徴をみる

関連記事一覧
充電代or集客どちらを重視する?
急速充電器の運用方法が向いている施設

自社の商業施設に急速充電器を導入する際、充電代による収益とEVユーザーの集客どちらを重視すべきか検討するため、まずは運用方法それぞれのメリットと、その運用が向いている施設を簡潔にまとめました。
該当の運用方法に当てはまる、代表的な急速充電器の提供・運用企業も紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

充電代による収益を重視するなら

Green Quick Charge
(株式会社GREEN CHARGE)

Green Quick Charge(株式会社GREEN CHARGE)
引用元HP:https://www.greencharge.co.jp/

特徴

  • 誰でも利用可能な電力量単位の従量課金制のため、充電対応出力差がなく、使用された分だけ料金を回収できる。立地条件などに合わせ、自由に充電料金が設定が可能。

こんな施設におすすめ

  • 客単価の向上が課題になっている商業施設
  • 複数のテナントが入っているなど、すでに一定の集客力がある商業施設

Green Quick Charge
(株式会社GREEN CHARGE)
について詳しく見る

公式サイトで
費用対効果の相談をする

EVユーザーの集客を重視するなら

e-Mobility Power
(株式会社e-Mobility Power)

e-Mobility Power(株式会社e-Mobility Power)
引用元HP:https://www.e-mobipower.co.jp/

特徴

  • 会員登録制を採用し、会員であるEVユーザーはアプリから充電器の場所を検索するため、新規ユーザーを取り込みやすい。

こんな施設におすすめ

  • 集客数の向上が課題となっている商業施設
  • 周りに類似施設が多く、差別化が必要な商業施設

e-Mobility Power
(株式会社e-Mobility Power)
について詳しく見る

公式サイトで
費用対効果の相談をする

【おすすめの運営会社の選定条件】
2023年1月15日時点、「EV 急速充電器 導入」と検索した際に表示される会社のうち、急速充電器の導入から収益の確認や料金回収までの運用サポートを行っていると公式HPに明記されているのは3社のみ。その中で、店舗を制限することなくどこの駐車場にも設置できる2社を厳選して紹介。
GREEN CHARGE:施設側で充電料金の設定・変更が可能で、電力量単位での従量課金制をとっている。
e-Mobility Power:日本にある急速充電器の87%以上がe-Mobility Powerのネットワークに連携している。